リーダーシップ

1年後の計画を立てているシンガポールのガブテック(GovTech)とICT(情報通信技術)

ガブテック(GovTech

シンガポールは今年の終わりに政府の技術機関(ガブテック/Govtech )が設立されると発表した。

情報通信開発庁((IDA)に尽力をつくしながらも、新しい機関が公共分野で技術面の変容を導き、市民を中心としたスマート国家のアプリケーションの開発やICTの能力や滞在的な力を育て、デジタルサービスを通してより直感的で、先を見越した政府を構築する任務を担うことになる。

ガバテック(GovTech)は1800人のスタッフを動員し、現在、情報通信開発庁(IDA)の社長であるJacqueline Poh氏が指揮をとっていく。ガバテック(GovTech)にアプリケーション開発とサイバーのセキュリティ、データ科学、政府のICT基盤、空間情報技術、センサー、モノのインターネットの分野における6つの新しい機能が立ち上げられる。

「政府の政治機関の中心である財務省と並行して、ガバテック(GovTech)は政府全体における政府のデジタル化を推進していく。これにより政府のデジタル化の開発のための詳しい技術的な専門知識と、さらにより良くするために進んで試し、変革を行っていく公務員の核が構築される。」とシンガポールの市民サービス長のPeter Ong氏は述べる。

先を見越す政府

Jacqueline Poh氏は市民がガバテック(GovTech)の中心であることと彼らの目的は市民の要望に応え、先を見越した公共サービスを提供することだと強調している。

「我々はすべての市民の人生の過程について考えている。つまり、結婚する時やHDB住宅を初めて購入する時、子供を授かった時、子供を学校に行かす時、我々や我々の家族が年をとると共にヘルスケアが必要になり、ヘルスケアに気を配る時など、市民の人生における重要で心に残る瞬間について考えているのだ。これらのすべての重要な時に、我々は誰もにとって政府とのやりとりや処理がより簡単で、便利なものになるようにしたいと思っている。究極には我々は、健康診断や返却すべき図書館の本などの必要なサービスは何かを予測する、先を見越したサービスを提供したいと思っている。先を予測したサービスは人生のどこかで必要になり、これにより、より早い行動を起こすことができる。」とPoh氏は述べる。

MyInfoプラットフォーム

デジタルの使いやすさやアクセスのしやすさを改善するために、政府はMyInfoプラットフォームを開始すると発表した。この同意を前提としたプラットフォームにより政府の一連のeサービスが提供され、市民のアクセスポイントは一か所になる。この特徴的なプラットフォームを使うことを選んだユーザは政府に1回だけ個人データを提供すればよくなる。つまり、ユーザは電子処理の際に何度も情報を提供する必要がなくなるのだ。これによりユーザは時間を短縮でき、また間違いを回避でき、最終的には電子処理を完了する際の確認にも紙面での書類が必要なくなる。

「市民はよくなぜ異なる政府機関に彼らに関する同じデータを何度も渡す必要があるのかよく聞いてくる。我々はこの不便さと摩擦をなくすことを目的しなければならない。」とOng氏は述べる。

MyInfoは今では公共住宅や出産手当のアプリケーションを含む10のeサービスで利用できる。今年の1月にこのソフトが始まって以來、32000人以上のシンガポール人がこのMyInfoに登録申し込みをしている。

2018年までに、認証に2つの書類を必要とするすべてのeサービスがMyInfoのプラットフォームとつながる予定である。また政府は共有される個人データの数を増やし、MyInfoの使用を銀行などのセキュリティが保護された商業処理に拡大することを検討している。

1年後を見据えるICT の担当者

政府は、デジタルソリューションを共同で構築していくために産業界と今後も提携していき、そして次の会計年度でICTの担当者に見積もりされた2億8200万シンガポールドルを要請していく。ICTの担当者は、デジタル政府に必要なデータやデジタルサービスをより良くサポートするためにICTの基盤の機能を高めることに焦点をあてていく。

「政府は産業界とソリューションを共同で生み出したいと思っている。このため我々は公共分野のICTのサプライヤーパネルや成果に基づいた調達など、我々のICTが必要なものの調達の過程で政府機関が産業界と共に新しい技術的なソリューションをより簡単に使うことを確かにするためにより優れた敏捷性を導入した。」と情報通信開発庁(IDA)の最高責任者のアシスタントであるChan Cheow Hoe氏は述べる。

保健省と国の環境機関からの話し手がIDAの年間の産業に関する報告会で彼らのICTの計画について共有した。

保健省はヘルスケアへのアクセスそして入手しやすくするための主な計画を紹介し、今後、6700万ドルの調達価値があると予想されるITの計画を発表した。新しい操作の要求を満たし、エンドツーエンドの操作を合理化し、改良されたモニタリングをし、より早く返答するための最新の技術を活性化するためにC3のプラットフォームである統合した病気の発症の管理システムが開発される。その他のプロジェクトにはデータ分析のプラットフォームや、市民のための新しいデジタルeサービス、新しいデータセンター、複数の苦情の形や過程を統合するヘルスケアの苦情のポータルサイトが挙げられる。

国の環境機関は1年後の主なITプロジェクトを発表した。プロジェクトには、リサイクルが追跡できる廃棄物とエネルギー管理システム、ゴミの収集と有害廃棄物の処理、市民がアプリケーションを1か所に提出できるサービス・ポータルサイト、オンラインでの免許証や支払いの処理、携帯による許可証の統合システム、ジオタギング、デジタルで署名ができる性能が挙げられる。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES