リスク

アジア太平洋地域の最高技術責任者がこれまでにないテクノロジーのスキル不足

アジア太平洋地域の最高技術責任者がこれまでにないテクノロジーのスキル不足

世界で最も大きなITのリーダーシップの調査によると、最高技術責任者は10年ほど前の世界の経済危機以來、これまでにないテクノロジーのスキル不足に妨げられている。

2016年の「Harvey Nash/KPMG CIO」の調査によると、アジア太平洋地域では、最高技術責任者の3分の2以上(アジア太平洋地域では69%、世界では65%)が技術をもった人が不足していることが変化についていく組織の妨害になっていると考えていることが明らかになった。

今年度の結果によると、データ分析がアジア太平洋地域で最も必要とされるスキルである。アジア太平洋地域では、世界の平均よりも55高い、44%の回答者がこのスキルを最も必要とされるスキルと回答している。世界では、スキルの需要は前年と比べると大きく伸び、デジタルは21%、セキュリティは17%需要が増えている。

アジア太平洋地域の最高技術責任者の多くは、世界と比べると変化に追いつくために必要なものをより備えていると感じている。実際、世界では41%がこの様に考えているのに対して、アジア太平洋地域ではこの割合は44%である。しかしながら、日本のテクノロジーの72%はリーダはデジタル破壊や変化のペースに追いつくのに苦戦していると報告している。

アジア太平洋地域の組織内に最高デジタル責任者をおく必要があると考える割合は、世界と平行して20%であるが、シンガポールではこの割合は突出している。これはシンガポールがアジア太平洋地域でデジタルにおいてより進んだ市場(41%の企業が最高デジタル責任者を置いている)であり、世界において最も進んだ市場の1つだからだ。

ハーベイナッシュが毎年行っている最高技術責任者に関するここ数年の調査によると、組織はデジタル破壊によりうまく対応しようとしていると言える。また今年分かったことによると、アジア太平洋地域は明らかに先を行っている。

多くのITのリーダが企業のデジタルビジネスの幅広い視野や戦略が40%(世界ではこの割合は35%)増えたと報告している。この割合は昨年よりも8%増え、さらに個々のビジネスでデジタル戦略を持っていると4人に1人(24%)が回答した。

デジタルがビジネスにとって益々重要になっていると言える。実際、アジア太平洋地域のたった9%がデジタル戦略またはデジタル戦略の計画を持っていないと回答している(世界におけるこの割合は世界13%)。

またはデジタル戦略の計画を持っていないと回答している(世界におけるこの割合は世界13%)。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES

RELATED WHITEPAPERS