プロジェクト管理

CEOがコンバージェンス3.0への道のりについて説明

CEOがコンバージェンス3.0への道のりについて説明 ITのインフラ市場が引き続き展開していくなか、SimplivityのCEOであるDoron Kempel 氏はあること が真実であると考えている。それは最新の切り札は複雑だということだ。 「すべてのコンポネントはメインフレームという1つのボックスにあった1980年代のインフラについ て考えてみると、この時に人々が気に入っていることがあった。それはインフラが確かで、しっかり していたということだ。たった1つの問題はそれが閉ざされているということだった。」とKempel 氏は述べる。1980年代には、異なるITシステを異なる場所で継続して使うことが不可能だったという ことだけでなく、実用的ではなかった。1つのシステムだけで起動しているアプリケーションの時に は、IT基盤にかかるお金はとても高く、IT基盤は主に1つに集中していた。 しかし、1990年代にすべてが変わる。Kempel氏の表現を引用するとITのビッグバンが起きたのだ。「 すべてがメインフレームから出たのだ。企業は異なる販売者からIT基盤の異なるコンポネントを買わ なければならなくなった。IT基盤を立ち上げるのに懸命だった最高技術責任者は、10の異なる販売者 から10の商品を購入し、また10人の人をトレーニングし、10の異なるスイートで商品を管理しなけれ ばならなかった。」とKempel氏は述べ、IT基盤にかかる年間1100億ドルは、かなり複雑になったと つけ加える。 「IT基盤の1つ、1つが積み重なった。つまり、IT基盤に、サーバーとスイッチ、VMWare、容量の 4つの要素が必要になったのだ。そして、1990年代以来、データが膨大に増えたため、データの効率 性に対応できる多くの製品も持つようになった。データを凝縮し、バックアップするために多くのも のが必要になったのだ。このため買わなくてはいけない製品がたくさんあった。」と彼は述べる。 ITインフラ市場 データの状況のように、ITインフラも拡大し、簡素化する必要があった。異なるIT企業が統合された ソリューションに複数のITのレイヤーを届ける「収束する」ための商品を提供していたため、2009年 には世界からの顧客の不満が感じられた。「我々はこれをコンバージェンス1.0と呼んでいる。コン バージェンス1.0はトップのサーバーとスイッチ、容量、VMWareを主に扱い、VBlockという1つのシ ステムを生み出した。ここには新しいテクノロジーはなく、これはたんに統合されたパッケージだっ た。」とKempel氏は述べる。 2009年にコンバージェンスが始まって以来、そしてコンバージェンス1.0からコンバージェンス3.0に 進展するなか、市場が欲しがっているものははっきりしている。それは管理を簡素化すること、より 組織化すること、ITのスタックを統合すること、販売者の摩擦を減らすこと、そして究極にはコスト を削減することである。今日、多くの販売者が提供しているのは、ITのインフラの機能性が1つでx86 のリソースプールのコンバージェンス2.0の製品である。この製品は初めのスタックを超えている一 方、データが膨大に増えることにはまだ対応していない。 Kempel氏はコンバージェンス3.0は、ITインフラ市場に革命をもたらす最新のものに対応していると 断言している。これが彼の会社の製品であるSimplivityが技術的にしっかりした基盤のもと大変重要で 、草分けの役割を果たしている分野である。ここ15年で多くの企業が収束した基盤を提供しているが 、これらの企業は平均して18~24ヶ月をテクノロジーの開発に費やしている。「これはベンチャーの 資本家が1.0のバージョンを開発するのを待ってくれる最大の年月だ。一方、Simplivityは、1.0のバー ジョンを市場に出す前にテクノロジーの開発に43ヶ月を費やした。」とKempel氏は指摘する。 「両方の世界の最高のものを提供することでITを簡素化したかったのが主な理由だ。2つの世界は、 クラウドエコノミクスを持った企業の能力のことだ。これは他にないことで、今年、我々は頂点をみ るだろうと予測している。」とKempel氏は知らせてくれている。 多くの販売者が、復元機能で良い評価を得るためにデータの3つのコピーを保護する必要がある一方 、Kempel氏はSimplivityはデータの2つのコピーだけが必要になると述べる。「我々は大変重要なテク ノロジーであるRAIDを我々のシステムの中に持っている。RAIDによってデータを作成した時、コピ ーを作成するだけでなく、ディスクドライブに書き込むことを確かにしてくれる。6つのディスクド ライブに書き込んだとしよう。充分な数のドライブにコピーがあることになるのだ。このため、もし 1つのコピーを失っても、まだデータを持っていることになるのだ。これは復元力のレベルの話だが 、これは市場ではまだ手に入れることができない。」と彼は述べ、Simplivityは世界で有数の大企業の データセンターの中核として使われている、そしてSimplivityはテクノロジーを向上させるために研究 と開発に引き続き投資しているとつけ加える。 「我々は今、合わせて65ヶ月の段階で、我々が知っている誰よりも高い収入に対する割合で研究と開 発に投資を続けている。これは、技術的な機能性をさらに掘り下げるための計画と展望を持っている 会社の話である。このため我々は2つの世界に最高のものを提供できるのだ。」

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES