ガートナーが政府にとって役に立つテクノロジートップ10を特定

CIOやITリーダーたちが重要な戦略的なテクノロジーを評価し、企業や取次店のロードマップの作成をするのに役に立つよう、リサーチ会社のガートナーが2015年に政府にとって最も重要な10のテクノロジーを特定した。

世界における国や連邦、地方の政府機関によってテクノロジーの商品やサービスに使われるお金は、2015年には4390億ドルから4310億ドルに減ると予想されている。しかし、この額は2019年までに4755億ドルに上昇すると予想されている。新しいテクノロジーやソーシングのオプションを評価し、選択する際、組織における文化やこれまでのIT システムやビジネスのプロセス、ITの予算の引き伸ばし、重要なITのスキルの欠如が政府のCIOの仕事を抑制しているものに挙げられるとガートナーのリサーチディレクターであるRick Howard氏は述べる。

「公共部門のCIOは、ビジネスの優先事項という点でデジタルイノベーションについて説明し、消費者サービス産業または他のデジタルに通じた政府機関が何をしてきたのか、そしてどの様にしてきたのか、その結果はどんななのかということに関して適切な例を見せることで、公共の役員や管理者からデジタルイノベーションのためのサポートを得ることができる。」とHoward氏は述べる。

ガートナーはこれらの戦略的テクノロジーのトレンドは実現することができ、反曲点を迎えると考えている。

デジタルの仕事場:将来の政府の労働力において、第一線で働く雇用者からトップレベルの幹部の人たちまでデジタルが使いこなせる人たちが多くいるようになるだろう。CIOやITのリーダーたちはさらに社交的で、移動性があり、アクセスしやすい情報主導型の仕事の環境を構築するのに率先的な役割を担わなくてはならない。

複数のチャンネルによる市民の関わり: 政府の複数のチャンネルの管轄の人たち(市役所や物理的なメールのやりとり、コンタクトセンター、eガバメントのウェッブサイト、モーバイルアプリ)は市民に企業の一貫した見方を提供するのに苦労している。デジタル政府の場合、複数のチャンネル戦略はシームレスの経験を利害関係者にもたらす以上の意味がある。この戦略は関係者をつなげ、一貫した、便利で、協力的で、カストマイズされ、明確で、透明な相互やりとりをもたらすことも意味しているのだ。

これらの結果を出すのに、従来のマーケティングツール(フォーカスグループやユーザエクスペリエンス・ラボ、調査、利害関係者の分析など)と新しいアプローチ(市民との協力して率先することやアジャイル開発、デザイン思考など)を結びつけることで、政策立案者やCIOは徹底的にサービスモデルを再設計しなければならない。

オープンデータ:最初に参入する組織やフラットのオープンデータセットの急激な成長や予算の減少は政府のオープンデータプログラムに絶えず問題を引き起こしている。

オープンデータは無料ではない。多くの政府機関にとって、オープンデータプログラに対して資金を備えていなく、資金不足のコストセンターとも言える。オープンデータの「価値」は政府にとってオープンデータの有効性が運営の効率や性能に高い質で貢献することができるか、オープンデータが経済発展や国の生産性または商業的事業を支えことができるかという点が明白でなければならない。

市民の電子ID(e-ID): e-IDは組織化された過程であり、政府によって、公共サービスが市民によってどんなデバイスからも、またはどのオンラインのチャンネル(ウェッブやモーバイルデバイス、アプリケーション)から、そして場合によってはパソコンやキオスクに付けられたカード読み取り機を使って、信頼してアクセスできる環境を提供するためのテクノロジーである。これを成功するためには、市民のe-IDプログラムは、ビジネス価値や相互運用性、ユーザエクスペリエンスに焦点をあて、政府と商品の販売者との間に信頼関係を構築する必要がある。CIOは個人情報やデータの機密性に対する要求に見合ったものであることを確かめる必要がある。

エッジ分析論: エッジ分析論でできることは特に政府のCIOや政府機関のプログラムリーダーが、状況やリアルタイムのやりとりによって増えた新しいモーバイルサービスをデザインする際ことである。。

本来、エッジ分析は最新のものである。エッジ分析では、何が起きるか、何が起こるべきかということをリアルタイムで評価をするために予測的そして規範的なアルゴリズムとコグニティブ・コンピューティングを適用している。この分析論は普及してきている。この方法は、レスポンシブで迅速な組織だったパフォーマンスをするために、ビジネスプロセスやアプリケーションにはめ込まれている。最後に、この方法は目に見ることができないものである。この分析論を使って、裏で絶えず管理し、ユーザの活動の追跡やセンサーや環境データを処理し、ユーザエクスペリエンスを高めるために仕事の流れを動的に調整しているのだ。また何かのイベントが拡大した際には、その活動も管理している。

スケーラブルな相互運用性: 政府機関は、境界線を越えた協力やサービス連携、モニタリング、アウトカム報告など、サービス政府機関のサービスのネットワークやビジネス機能を最大限に活用するために、外部のパートナーとのデータ交換に大きく頼り始めている。

スケーラブルな相互運用性は政府のCIOやエンタープライズアーキテクチャ、ビジネス分析者に、アーキテクチャは「十分に早い」という価値をもたらし、ますますニーズが高まる「ちょうどいい」アプローチを提供している。

相互運用性でできる範囲を狭めることで、関心が高いコミュニティは、つまり改善されたデータ交換から実体的な利益を受け取る利害関係者は、相互の目的を達成するために、ニュートラルなアプリケーションやニュートラルな出典の拡張できる識別機やフォーマット、プロトコルを使うことに同意している。

デジタルガバメント・プラットフォーム: 

デジタルビジネスでは、市民が求めているサービスを提供するための縦の、つまり最初のeガバメントのウッブポータルを提供し、市民はもはや様々な取次店やプログラムを利用する必要がなくなる。

デジタルガバメントのプラットフォームは、様々な領域やシステム、プロセスを通して企業のサービスを提供し、使うためのサービス主導のアーキテクチャ(SOA)のデザインパターンを取り入れている。売り手が提供しているものはまだ初期段階のものにすぎなく、彼らは主にスマートシティをサポートすることに焦点を当てている。例えばIBMのSmarter CitiesやマイクロソフトのCityNext、CiscoのSmart+Connected Communities,、SAPのUrban Matters、スマートシティのためのOracleソリューションとCapgeminiのグローバルシティがそうである。

経営のためのテクノロジーやモノのインターネット(IoT)に焦点を当てているが、これらのプラットフォームはデータ交換に関する問題や典型的なデジタルガバメントのきっかけになる事柄に対処している。

モノのインターネット: モノのインターネットは物理的な物(固定された、または移動可能な物)のネットワークで、複数の環境とコミュニケーションを取り、モニタリングし、感知し、相互やりとりをするためのテクノロジーを取り付けている。

政府機関は、モノのインターネットを主導にしたものが、環境や公共基盤のモニタリング、緊急への応答、サプライチェーンの点検や評価、車や飛行機、船などの集まりの管理、交通安全などを含む幾つかの異なる分野において変化することを期待している。

政府のCIOは、成長しているインテリジェントの物や装置の土台が、操作性能または公共のサービスの伝達において突破口となるイノベーションをサポートするためにどのように従来のインターネットやITシステムを合わせることができるか戦略的に評価するために、IoTを取り入れる必要がある。

WebスケールのIT: WebスケールのIT は、ITの企業間での大規模なクラウドサービスの能力を伝える世界レベルのコンピューティングのシステム主導のアーキテクチュラルパターンである。迅速で大きさを変更できる開発や迅速で、無駄がなく、絶え間ない伝達の原理を活用したウェッブ主体のITサービスを提供することができる。

政府にとって、ウェッブスケールのITへの移行は、はっきりしたITの過程と文化とテクノロジーが関わってきて、共に長期的な動きである。ウェッブスケールのITの考えを採用している組織は、コストがあまりかからなく、オープンソース主導の従来の「仲介人」を必要としないハードウェアを好んでいるので、値段が高く、大きさを変えることができるコンピューティングや保管やネットワーク源を大抵控えている。この結果、従来のITの供給者や、ITをもたらす方法は政府のITにとってはより不向きになっている。

ハイブリッド・クラウド(とIT): これは政府のCIOに、オンプレミスの基盤や内部のプライベートのクラウドを外部のクラウドを基盤にした環境(コミュニティまたは公共、ハイブリッド)と同時に結び付け、彼らが管理するIT部門のに新しい操作モデルを提供する。

政府にとって多くの議題が重要になっているため、ハイブリッドITモデルは様々な公共のクラウドの展開をサポートするためにこれまでと大きく異なる能力を必要とする。政府のCIOは、IT組織をITサービスをフルに提供する形からクラウドを通して主に彼らにあったサービスのブローカーや管理者を対象する形に置き換える必要がある。