ビジネスとIT

インドのeコマース企業がインフラとロジスティクスに80億ドルを投資

インドのeコマース企業がインフラとロジスティクスに80億ドルを投資 インドのeコマース企業がここ数年間で物流のためのロジスティクスとインフラ、商品保管のための 倉庫に80億ドルを投資することが期待されている。 インドのeコマース市場自体が2020年までに800億ドルの成長があると期待されている。現時点でのe コマースの価値は250億ドルであるが、毎年およそ35~40%の割合で価値が上がっている。 インドのeコマースはより勢いをつけ、第2級と第3級の都市に焦点をあてるようになっているため、 より小さい町での航空貨物のコネクティビティの必要性が増えるだろうとある研究は予測している。 この研究によると、eコマース業界は2025年までにおよそ80億ドルの投資をすることになる。 現時点のインドにおける航空貨物はほとんど発達していないといえ、ほんの幾つかの空港でしか速達 の小包をたくさん扱うことができない。 「eコマースでは、より広範囲の場所により早く、より安い値段で送ることが求められているため、イ ノベーションがとても重要である。eコマース企業は、従来あるものをうまく使っていく一方、自動化 に投資する必要がある。」とASSOCHAMの事務総長であるD S Rawatが新しい発表で述べた。 ASSOCHAMはインドでのeコマースの成長によって、インドの製造業とインフラ、雇用に有益な効果 をもたらす大きな可能性があると述べている。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES

RELATED WHITEPAPERS