人材管理

良い職場づくりの邪魔になる組織文化

良い職場づくりの邪魔になる組織文化

Jabraによる新しい研究によると、ビジネスは、高く評価されている働き手たちが彼らの能力を発揮できる職場環境を創造するのを妨害する組織文化とテクノロジー、仕事の処理の方法に奮闘している。

高く評価されている働き手は利益をもたらす職場環境を作ろうとしている。実際、研究によると、カストマーサービスの利益が最も多い時は、利益が一番少ない時と比べると47%増になる。

この研究により、顧客との電話は益々複雑になっていて、勝ち残る企業は従業員の集中力と効率性が確実に得られる職場環境に投資している企業であることが分かった。

電話での顧客との会話を通して付加価値をもたらす従業員は、電話を中断されることや騒音、職場の環境が原因で、生産性を確かにすることを妨げられ、これに関する多くの複雑な問題を抱えている。

また企業のウェブサイトEメール、インスタントメッセージ、電話での会話などカストマーサービスで多くのコミュニケーションの手段があると、より多くの価値を生み出すことができる。

電話で顧客と会話するのはまだ珍しいほうだが、顧客は他の方法を失敗した際、この方法をとる。しかし、顧客との電話の会話を担当している人達によると、36%の人たちは一日を通して同僚から邪魔されるのが多すぎる、平均して34%の人たちが職場の環境の騒音のレベルはうるさすぎると考えている。

この割合は一日に受ける電話の数や電話の間の休みが短すぎるという様な要因よりもずっと高い。つまり同僚から邪魔される、職場の環境がうるさすぎるということが利益を生み出すことを妨害している。この結果、ビジネスは、高く評価されている従業員の力を最大限に活かすために、組織文化や会社が提供できる仕事に必要なものについて再検討する必要がある。

「どのビジネスにも電話を使ったコミュニケーションにかなりの時間と力を注いでいる従業員たちがいる。」とJabraのシニア・バイス・プレジデントであるHolger Reisinger氏は述べる。

「この従業員たちの電話での会話は重要な意味をもち、また大変価値のあるものをもたらし、ビジネスの成功に影響する。つまり、彼らの電話での会話はその組織の評判につながるのだ。しかし組織文化ではこれらの人達の生産性をもららすことを優先にしていなく、それどころか多くの場合、全く考慮していない。」とReisinger氏へ述べる。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES

RELATED WHITEPAPERS