顧客管理

お酒のeコマースのサービスが初めてシンガポールで始まる。

お酒のeコマースのサービスが初めてシンガポールで始まる。

今、シンガポールの消費者は、家に毎月、旬の日本の酒を配達してくれるeコマースに登録申し込みをすることができる。

このeコマースで期待されていることは、酒の醸造者から顧客の家まで運ぶのに最高の状態で酒を保存できる冷凍保管装置使い、ロジスティクスが申し分ないことである。

このサービスを提供する会社はSISI有限会社で、このサービスはSAKEMARUと呼ばれている。またSISI有限会社は珍しく、旬の酒だけを毎月直接、顧客に確実に配達するオンライン会社である。このサービスは酒の標準を上げることも目的にしている。

SAKEMARUはすべて雪でできた特別に設計された部屋に珍しい酒を保管する。1年後、完全な環境に保管され、熟成した酒が顧客に配達される。

これには理由がある。酒の醸造者はシーズンごとに日本でさえ大変珍しい限定版酒を製造する。この限定版のお酒は基本的には殺菌されていなく、一般の商品とは全く異なる味をしている。SAKEMARUは殺菌も加工もされていない酒を飲むことこそがが正真正銘の醍醐味だと考えている。

このシンガポールのサービス料は、一番安いものは異なる醸造者の旬の殺菌のされてない限定版の酒(750ml)の配達サービスで、月に50シンガポールドルになる。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES

RELATED WHITEPAPERS