Telstra

企業でのデジタルの普及に2年

シンガポールのほとんどのビジネスや世界の市場で「デジタル化すること」によって得られる特有の恩恵を認識している一方、ほとんどが社内で一斉にデジタル化できない、そして適切なスキルを欠いている、社内から多くの文化的な抵抗を受けているなどの障害にぶつかっている。

これはProgressのためにLoudhouseによって行われた調査によって分かったことである。調査の回答者にはシンガポールとオーストラリア、イギリス、アメリカなど十カ国の人たちも含まれる。

また回答者には700人以上の世界の最高経営幹部やヴァイス・プレジデントの様々な意思決定者(マーケティングやデジタル、ITの責任者や開発者、ITアーキテクト、重役、エンジニア、一連のビジネス経営者)が含まれる。また回答者は中小企業から世界における大企業までにおよぶ組織を代表している。

調査の結果、テクノロジーの制約と全体に渡ってデジタル化できないために、デジタル変革をスタートすることへの不安な気持ち、またデジタル変革が遅すぎないかという不安が増加していることが分かった。

すべての組織はデジタル変革を重要または必須であると考えている。シンガポールの回答者の半分の人たち(49%)と世界規模では62%の人たちは組織はデジタル化の必要性に対して否定的だと述べている。

そして92%の回答者は、経済的または競争による結果に苦しむ前に、デジタル化を浸透させるのに2年かかると述べている。また、49%の人たちはデジタル化に1年または1年以下かかると述べ、43%の人たちはすでに遅すぎなるかもしれない心配している。

さらに69%の人たちはデジタル変革を主に引き起こすものは顧客の経験とエンゲージメントの最適化であると回答している。また71%の人たちは顧客エンゲージメントは今後12ヶ月で最も優先順位の高いものになると答え、57%の人たちは来年、アプリケーションを作るために投資する予定だと述べた。

また、69%の人たちは、デジタル化を行なう人たちにとって、ITが最終意思決定するもの、または予算を握るものにおそらくなるだろうと感じている。そして75%はより良いITのアライメントとマーケティングがデジタル変革のための尽力に必要だと述べている。

最後に、シンガポールの人たちはデジタルスキルを持っていないことがデジタル変革によって顧客の経験を改善する際の障害になっていると述べている。半数以上の人たちがリーダーシップの欠如と文化的な抵抗が大きな障害になっているのと考えているのだ。世界における回答者が挙げた主な課題にITへの抵抗が高いことやデジタル戦略が中央化されていないことが挙げられる。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES

RELATED WHITEPAPERS