ビジネスとIT

スマートシティが交通渋滞を緩和、年間42億人時の節約

スマートシティが交通渋滞を緩和、年間42億人時の節約

新しい研究によると、交通状況のスマート管理やスマートパーキングを利用することで2021年までに42億人時の節約をすることができる。

ジュニパーリサーチによると、これは、各市が年間で1日分の労働時間を節約しているのに相当する。

この研究は「2016年~2021年の世界のスマートシティ:エネルギー、交通、照明」という研究で、これによると都市の人口が増加することで、都市の資源が圧迫され、新しい、効果的なソリューションが求められるようになっている。

「スマートシティ」が比較的新しい概念である一方、多くの都市は競争力と生活の質を高める必要性に気づき始めている。交通渋滞を緩和する対策は今では多くのスマートシティの真っ先の課題になっているのだ。

「交通ネットワークによって、密集した都市を市民が移動しやすくすることは、都市の経済的成長にとっては欠かせない。渋滞はビジネスの競争力を弱め、いわゆる頭脳流出につながる。」

また、個人と商業の両方の交通の流れを改善するために、2021年までに世界に200万のスマートパーキングが設置されるとジュニパーは予測している。

都市を明るくするための、マイクロコントローラのLEDユニットとセンサーからなるスマートストリートが今後5年で急に出てくることもこのリサーチ企業は予測している。予測によると、設置されたLEDを固定するものが2021年までにネットワーク化される。スマートストリートの照明によってできることは都市の光熱費を減らすだけではない。LEDを固定するものに付けられたセンサーのお陰で、収益を創出する世代のための地方自治体のWi-Fiや小売市場の機会などのサービスが可能になる。

 LEDの価格が下がる、またNEMAのC136.41の様なLEDを固定するハードウェアの基準が登場したこという2つの要因が組み合わさったことが市場の活性化に貢献すると期待されている。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES

RELATED WHITEPAPERS