モバイル

スターバックスが日本でモバイルアプリを開始

スターバックスが日本でモバイルアプリを開始

スターバックスは日本でモバイルアプリを開始するためにデジタルエコシステムを拡大した。これによりスターバックスの4つ目に大きい市場にモバイルペイメントとeGiftingが導入された。

このアプリにより、顧客は日本にある1100以上のスキャンの店内での注文の支払いを登録したスターバックスカードにリンクしているバーコードをスキャンするだけでできる。

またこのアプリにより、幾つかの簡単なステップを行なうだけで顧客に最新の商品情報を提供し、特典を商品に換え、eGiftsを送ることができる。

スターバックスは、中国のオンラインの顧客とスターバックスの店頭での経験を結びつける2015年の中国のTmallの最初のオンラインストアでのオープンを初め、アジア太平洋地域でデジタルイノベーションを急速に展開している。

また2014年に、スターバックスは韓国のサイレンオーダを使ってこの業界で初めてサイレンオーダのサービスを導入した。サイレンオーダは顧客にモバイル機器を使って注文し、支払いをさせてくれるアプリである。

この後、韓国の顧客がウェアラブルの機器でマイスターバックスリワードの状況を確認し、スターバックスの買い物ができる、アジア地域において初めてウェアラブル機器のスターバックスのアプリを開始した。

「スターバックスは、顧客を喜ばせ、中国における成長の機会を得るためにデジタルイノベーションを利用した新しい方法を模索している。」と中国/アジア太平洋地域のスターバックスグループ社長であるJohn Culver氏は述べる。

スターバックスが日本でモバイルアプリを開始 スターバックスは日本でモバイルアプリを開始するためにデジタルエコシステムを拡大した。これによりスターバックスの4つ目に大きい市場にモバイルペイメントとeGiftingが導入された。 このアプリにより、顧客は日本にある1100以上のスキャンの店内での注文の支払いを登録したスターバックスカードにリンクしているバーコードをスキャンするだけでできる。 またこのアプリにより、幾つかの簡単なステップを行なうだけで顧客に最新の商品情報を提供し、特典を商品に換え、eGiftsを送ることができる。 スターバックスは、中国のオンラインの顧客とスターバックスの店頭での経験を結びつける2015年の中国のTmallの最初のオンラインストアでのオープンを初め、アジア太平洋地域でデジタルイノベーションを急速に展開している。 また2014年に、スターバックスは韓国のサイレンオーダを使ってこの業界で初めてサイレンオーダのサービスを導入した。サイレンオーダは顧客にモバイル機器を使って注文し、支払いをさせてくれるアプリである。 この後、韓国の顧客がウェアラブルの機器でマイスターバックスリワードの状況を確認し、スターバックスの買い物ができる、アジア地域において初めてウェアラブル機器のスターバックスのアプリを開始した。 「スターバックスは、顧客を喜ばせ、中国における成長の機会を得るためにデジタルイノベーションを利用した新しい方法を模索している。」と中国/アジア太平洋地域のスターバックスグループ社長であるJohn Culver氏は述べる。

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES

RELATED WHITEPAPERS