新興市場におけるスタートアップに最も優れた都市ベスト5

Lamudi によると、OkHiやKrowdpop、 Feeshehなどの新興市場における新しいスタートアップの成功はアジアの国々とってアフリカやラテンアメリカがアジアに追いつこうと、今ではこれまで以上にスタートアップのホストになろうとしている兆しになっている。

グローバル・プロパティ・ポータルは次の5つの都市を新興市場において最も有望なテクシティのリストに挙げてる。これらの都市は将来スタートアップの重要な都市になるのにふさわしいものを持っている。

リストの初めはコロンビアの文化の中心都市であるMedellinである。この都市はウォールストリートジャーナルとシティバンクによる2012年の革新的な都市に名前が挙げられた。

Medellinをベースにした企業にEmpresarial Antioqueñoというグループがあるが、このグループはコロンビアの国内総生産の7%を占める。

2つ目の都市はAmman, Jordanであるが、この都市はこの地域での先進的なスタートアップのハブと考えられている。政府は自然資源のギャップを人による資本で埋め合わせしようとしているが、インフラや教育に投資し、また政策を再構築している。これにより、ヨルダンは今ではビジネス登記に最も簡単で、最もお金のかからない域の1つになっている。

この結果、ヨルダンには多くの若く、スキルをもった企業家を算出する質のいい大学ができ、中東で最もインターネットの接続が良くなっている。

3番目はパキスタンで第二の都市であるLahoreである。この都市の強いインフラ基盤によりスタートアップのためのダイナミックな市場にになり、ここでは素晴らしいビジネスのアイディアが生み出されている。

マイクロソフトのような大きな企業はすでにこの国に目をつけ、2013年にLahoreでウィンドウズ・フォンの大規模なhackathonというイベントを開いている。

4番目はインドネシアのジャカルタである。この街は世界で最も大きなメガシティの1つとして知られている。ジャカルタでは、初めの段階からこの都市の急速な成長によって生じている問題を解決していく必要がある。このためジャカルタのスタートアップは実践的であることが分かる。

このため、ジャカルタは、2013年後半に地元で始まったポータルプロパティのLamudiをはじめ、旅行やeコマース、ライフスタイルに焦点をあてた多くのスタートアップのホームになっている。

5つ目はナイジェリアのLagosである。ここはアフリカで2番目に、世界で7番目に急速に成長している都市である。ここ数十年の間におけるこの都市の成功の1つは、特に住民がYabacon Valley につけたニックネームであるYabaという郊外において、急ピッチでテクノロジーのスタートアップを構築していることである。Lagosにおける共同で働くスペースやイベントは、ベンチャー投資家や企業家などの多くのエンジェル投資家を引きつけている。