アジアのIT

中国のウェブ人口の増加減速

 IDC発のデータによると、2014年上半期において中国のインターネットユーザー数はこの8年間で最も低い1,440万人にまで減少した。

 中国インターネット・ネットワーク情報センター(CNNIC)のリポートの引用によると、昨年6月時点で中国には6億3,200万人のインターネットユーザーがいるとこの調査会社は伝えている。

 6月には中国の5億2,700万人のユーザーが携帯電話からインターネットに接続した。今や、これがノートPCやデスクトップPCに代わる最も普及したインターネット接続手段である。

 中国のインターネット・サービスのトップに挙げられるのは、オンライン・メッセージング、サーチエンジンそしてニュースだ。ソーシャル・ネットワークのサイト人気は低下し、刷新とユーザーの需要に応えることが難航している。

 10年以上前にはたった9,400万人だった中国のインターネット・ユーザー数は急速に増加したあと、インターネット利用の成長鈍化が起こっている。

 普及成長の改善のためには、普及が都市部に集中していることを鑑みて政府は農村部の小学生にインターネット・スキルを教えることに重点を置くようCNNICは促している。

 

RELATED NEWS

RELATED ARTICLES