Whitepaper

ワイドバンドマルチモードファイバー 新しいファイバーとその必要性とは?

マルチモードファイバー(MMF)ケーブルは、ローカルエリアネットワーク(LAN)のバックボーンとデータセンターにおける主要媒体です。その理由には、ニーズに即した距離においてデータを高速に伝送する最も安価な手段であるからです。MMFは、発光ダイオード(LED)の光源を使用したマルチギガビット伝送用として最適化されたものから、850nm 垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)光源を使用したマルチギガビット伝送速度対応に特化したものへと進化を遂げました。複数のファイバーを束ねた上でパラレル伝送することで、チャネル容量が倍増されました。こうした進化が、1980年代後半の10Mb/sから、2010年の100Gb/sへと、マルチモード対応データレートを驚異的に40,000倍にまで高めました。2015年には、400Gb/s対応が開発されています。現在、このような卓越した伝送速度は、各ファイバーレーンに25Gb/sをのせ、双方向通信において4心または16心のファイバーを束ねた上で伝送される方式によって作り出されています。
By downloading this whitepaper the sponsor may contact you.